名作プリンセスメーカーが遂にスマトーフォン版としてリリース!!

 レビュー |   - -

    writer:

2015年9月18日にリリースされたばかりのスマホ版「プリンセスメーカー」を萌え担当の”萌え豚デルタ”がさっそくレビューしてみたいと思います!!

このプリンセスメーカーとは1991年にPC-9801版で販売された作品で、ガイナックスが制作・発売する「育成シュミレーションゲーム」として長期に渡りファンを獲得してきた名作です。
それがついにスマートフォンでリリース聞かされればやらざるを得ない(使命感

従来のプリンセスメーカーと本作の違い

プリンセスメーカーという作品ですがストーリーとして、魔王と戦った勇者が戦災孤児になった少女の養父となり、10歳から18歳まで育てるというゲームとなっており、この少女をどんな風に育てていくのかが楽しいゲームなんですよね。
そして今作と従来のプリンセスメーカーの違いですが、シリーズの生みの親である赤井孝美氏が監修に携わっており、基本的なコンセプトは変わらないのですが、大きく異なる部分は”グラフィックスの3D化”。そして”オンライン”への対応。それに加え「精霊システム」が実装されました。

新システム「精霊システム」とは

このスマートフォン版から実装された「精霊システム」ですが、自分の娘に精霊をサポートさせることによって、娘の成長や直接サポートしてくれる頼もしい存在となっています。
能力補正を増加させたり、教育費を割引させたりと様々な能力を持っているので、是非とも活用したいシステムですね!

ゲームの内容

娘を育成するということで、習い事で能力値を上げたり、バイトをしてお金を稼いだり、また武者修行でモンスターと戦ったりと様々な教育をしていき、娘の将来の夢に向かって10年間の間に教育していくというシステムです。
まだプレイをはじめて1時間ほどですが、本当に娘みたいに愛情を持って育てはじめてるデルタです。くっそ可愛いんじゃが・・・

時には娘を武者修行に出すことも・・・

このプリンセスメーカーですが、ただ育成をするだけではなく、バトルも存在しており、ここでアイテムを手に入れたりお金を稼いだりすることもできます。
序盤のモンスターはそこまで強くないのですが、ここから先がどうなっていくのか・・・

毎年の誕生日には娘が祝ってくれる・・・なんて良え娘や・・・

こちらも前作からあるシステムですが、毎年可愛い娘が私の誕生日を祝ってくれます。
もちろん娘の誕生日にはプレゼントを上げることも出来ますが、ここで選択肢があり”準備する”と”準備しない”です。
スパルタでいくもよし、甘やかすもよし。ここは自分自身の娘ということで、己の感性に従っていきましょう。

私ですか?
もちろんプレゼントは用意します。

まとめ

名のある名作なのでかなり楽しんでやっているので、やはり育成は難しいですね・・・
現状では頻繁に娘が家出をしてしまい、私の育て方が悪かったのか・・・と頭を悩ませることも多々あります。
体力をもっと付けて上げたいと思い娘にダンスレッスンをするとへそを曲げてしまい家での繰り返し。

それでも娘に愛着を持って育てていこうと自分自身で育成方針を決めて取り組んでいき、気がついたら何時間も経ってしまってます。
それほどにこのゲームの魅力はヤバいです。
私自身もこれからどんどん娘を育てていき、娘の夢に向かって共に進んで行こうと思います(遠い目

プリンセスメーカー

メーカー エムゲームジャパン
配信日 配信中
価格 無料(アプリ内課金あり)
対応機種 Android4.1以上 /iOS6.0以上
公式サイト プリンセスメーカー
コピーライト (C)MGAME JAPAN Corp. (C)GAINAX

SNS共有