ポケモンシリーズ初のスマホゲーム“ポケとる スマホ版”が面白い!

 レビュー |  

    writer:

“ポケとる”はあの有名なポケットモンスターのシリーズのひとつで、
今年の2月にニンテンドー3DSからダウンロード配信され、今年の夏にスマホに移植されました。
それに従いスマホの方のゲーム名は“ポケとる スマホ版”。
期間限定の「おどる?ポケモンおんがくたい」を除けばシリーズで初のスマホ向けのゲームです。
ほとんど内容は3DSのものと変わらないようです。

野生のポケモンが待ち構えています。

ステージをクリアをすれば、奥へ奥へと1つずつ進む事が出来ます。
後述の“ポケモンゲットタイム”で捕獲失敗をしても大丈夫です。
バトル1回につきライフは1消費で、回復には1つあたり30分必要です。
早急にバトルをしたい場合は“ホウセキ”1つでライフを6回復出来ます。

ポケとるの基本的なルール。

バトルとゲット方法。

サポートポケモンを縦か横に3つ以上並べて消し、野生のポケモンに攻撃をしていきます。
各ステージで手かずが決まっており、その範囲内で野生ポケモンのHPを0にすればクリアです。
しかし、このままでは終わらず“ポケモンゲットタイム”というものがあります。
“ゲットしやすさ”とクリア出来た時点の手かずによって加算される確率で野生のポケモンをゲット出来ます。

ゲットに失敗した時は……。

それを失敗すると“スーパーボール”というアイテムで確率を大きく上げられますが、3500コインが必要です。
あくまで確率で、100行かない限り絶対ではありません。
スーパーボールを使っても逃してしまう事もあります……。

ただ可愛いモンスターと侮るなかれ。

ただでさえ、今までのシリーズでも可愛いモンスターから、
さらに可愛く描かれたモンスターに癒やされます。
もちろんゲームが進むにつれ、敵の強さのレベルも大変な事になり、完膚なきまでにやられて
「可愛い顏してコノヤロウ」と憎たらしくなってくると思います。
で、リベンジ魂をこう……くすぐりますよねぇ。

プレイしている中で何回かありましたが、

確率って何かね?

モンスターボールでゲットしやすさが70%を超えているのにも関わらず
まんまと逃げられた時の腹立たしさは手詰まった時よりも凄まじいです。
「ぅおい!」ですよ。
上であくまで確率とか言ってんのに。

逆に言えばゲットできない確率が30%弱もあると分かってはいるんですけどね。
渋ってスーパーボールを使わないのが悪いとも思ってるんですけどね。

でもたまに20%ちょいでゲット出来るのは何すか。

 

落ちゲー、連鎖狙いが苦手でも大丈夫。

私はぷよぷよとかの落ちゲーで連鎖を決めるのが本当に苦手でして。
制限時間かつ対戦相手からの妨害に焦って考える事が出来ないのです。
しかしこれは敵のモンスターからの妨害はありますけど

もしも迷ってしまった時……。

迷った時は上の画像のように光って教えてもらえます。
ここを消せば絶対に連鎖があるというわけではありませんが、手助けになってくれます。
落ちゲーに抵抗がある人でもオールOK。

リセマラはどうでしょう?

シリーズで総勢700を超すモンスターにガチャの引きごたえがありそう

ポケモンはモンスターの数は700を超える大所帯ゲームで、3DSでは現在311匹登場します。
これはガチャも捗るでぇ……と思い、チュートリアルを淡々とこなしていきます。
しかし、ステージクリアすれどもすれども現れないガチャ要素。
現れるモンスターを倒し、モンスターボールでゲットしていくのみで
ガチャで仲間を増やしていくゲームではないのですね。

“ポケとる”にガチャがない。

ではアイテムを増やすのに……もない模様。
もうどこを見てもガチャはありません。
そういうわけでこの“ポケとる”にリセマラの必要はありません。
ありません、というかガチャがない以上出来ません。

エキストラステージとイベントステージ。

腕に自信のあるプレイヤーにエキストラステージ。

ここまで制限時間がない、と書きましたがそれはメインステージの事。
ある程度クリアした頃からエキストラステージというものが現れます。

制限時間がありますが、
手かずの制限同じポケモンが3つ並ぶところでないと移動出来ない、がなくなります。
つまり十字並べや5つ並べ、連鎖の為にポケモンを置いておくという事が可能になるのです。
んー、ある意味自由になってるんでしょうか。
無謀にもやってみました。
秒殺です。
あ、エキストラステージ1は制限時間1分なので“分殺”ですか。

相当腕を磨くか仲間のポケモンを鍛えるか、ですよね。

ちょっと切り替えてイベントステージ。

期間限定イベント、曜日によってタイプの違うモンスター、コインなどをイベントステージがあります。
普通にプレイしていればゲットが難しい嬉しいイベントです。
しかも毎週のように開催され、イベントによってはライフなどの消費も変わるので
是非ゲームのイベントステージ、公式サイト・攻略サイトで予告などチェックしてみましょう。

シンプルイズベスト。

ちょこちょこ難癖をつけるようなコメントをしていますけど、本当に面白いです。
サクサクとテンポ良く進みます。
ただバトルをしてゲットして進んでいく、という無駄なものはほとんど省いたシンプルさもいいですよね。
ポケモンという付加価値があるせいでしょうか、モンスターを集めたい衝動にかられてしまいます。
さすがです。

“ポケとる”はスマホの前にニンテンドー3DSの方で発売されており、ダウンロードも450万を超えています。
3DSからスマホ、スマホから3DSに使えるイベントと多く開催される模様。
アップデートでどんどんポケモンも増やしていく予定です。
現在のところシリーズ全部合わせて720匹。
ポケとるで720匹集められるかな?
というよりその前にステージ18から早くも雲行きが怪しい私は、まず腕とポケモンを鍛えます!
話はそれからw

 

 

ポケとる スマホ版

メーカー 株式会社ポケモン
配信日 配信中
価格 基本プレイ無料 ※一部アイテム課金あり
対応機種 iOS/Android(端末やOSのバージョンによっては、プレイできない場合がございます)
公式サイト ポケとる スマホ版
コピーライト ©2015 Pokémon. ©1995-2015 Nintendo/Creatures Inc. / GAME FREAK inc. Developed by Genius Sonority Inc.

SNS共有